障害対応

キャッシングの審査の落ちる仕組み

お金の貸し借りなどは、知人や家族には頼みづらいと感じる人がほとんどです。
相手に対して引け目も感じますし、信頼関係にもひびが入ってしま可能性もあります。
そういったトラブルを避けるためにも、キャッシングを利用する人が増えています。

しかし誰もが簡単にキャッシングできるというわけではありません。
キャッシングを行うためには、必ず審査が行われます。
その審査に落ちてしまうとキャッシングを利用することができません。

実際審査に落ちてしまうのはどうしてなのでしょうか。
まず本人の収入など関係なく審査に響くのが書類の不備です。
特に個人を証明する書類を添付するのを忘れがちです。
必要な書類はしっかり忘れず、記入漏れがないように気をつけましょう。

審査に落ちる一番の原因は過去のキャッシングの問題です。
過去のキャッシングで返済の遅延があった場合は、信用情報機関に個人の情報が記されてしまいます。
審査を行う会社は、必ず信用情報機関に問い合わせを行うため過去のトラブルを理由に審査に落ちてしまいます。
また信用情報機関では他社の借り入れがどれぐらいあるのかも知ることができます。
他社での借り入れがある場合は、返済の負担が増えることになり審査に落ちてしまう場合があります。


このページの先頭へ