障害対応

キャッシングの審査

キャッシングは以前に比べて借り入れがしやすく、多くの人が利用しています。
学生や専業主婦でも条件をクリアすれば、キャッシング可能になっています。
その条件をクリアしているか、判断するために行われるのが審査です。

どの貸金業者でも必ず審査が行われます。
審査では申し込む人の情報を元に、返済能力があるかないかを判断します。
昔とは異なり今のキャッシング方法は、面談することなく借り入れができてしまいます。
貸金業社側から考えると、あったことも無い人に会社の財産であるお金を貸し出すわけです。
だからこそ審査内容が以前よりも重要になっています。

そこでキャッシングするためにはどのような審査が行われているのでしょうか。
申し込み用紙では、個人の経済能力、資産の有無の記入があります。
あくまでも自己申告なため、信頼できるかどうかの判断がさらに必要になります。

そこで審査に使用されるのが信用情報機関です。
信用情報機関では、過去の借り入れで遅延などのトラブルの履歴、自己破産、多重債務などの情報を得ることができます。
過去にこのような履歴がある人は、信用度が低く返済の能力が低いと判断されます
キャッシングをする際には、返済可能な額を借り入れして返済期日を守ることがいかに重要かが審査を通じて分かります。

このページの先頭へ